メリットと注意点

部分入れ歯を使用するときには、その他のブリッジやインプラントに比べるとメリットがいくつかあります。
大掛かりな施術となるインプラントは、その医師の腕が大きく反映されてしまいます。
しかし部分入れ歯の場合であれば、比較的治療による不具合が起こることが少ないです。
歯に装着するものを医師が作るので、なにか不具合が生じた時でも直ぐに対応して治すことが可能です。
加えて、取り外しが可能なので清潔な口内を保つことができます。
また、保険適用となる部分入れ歯の種類も多く、他の治療に比べると安い価格で治療を行うことができます。
あまり治療にお金をかけず治療ができるということで、インプラントの前に部分入れ歯で対応する人も多くいます。

部分入れ歯を使用するときは事前に確認しておくべきことがいくつかあります。
インプラントは歯茎に直接施術を加えて治療します。一度治療してしまえば、その後も自分の歯のように使用することが可能です。
部分入れ歯の場合、人によっては慣れるまでに時間がかかる場合もあります。
特に保険で作る場合の部分入れ歯であれば、事前に大量に作られています。
自分の歯にしっかり合わせた部分入れ歯を作りたいのであれば、保険適用外でつくる必要があります。
部分入れ歯の場合であれば、装着して利用を続けて初めて自分の口に合っているのかどうかが分かります。
もし装着して違和感を覚えたら、すぐに装着をやめて歯科医に相談することが肝心です。