部分入れ歯の種類

部分入れ歯にはいくつかの種類がありますが、ほとんどの場合はバネを用いて使用します。
残っている歯に対して、バネをかけて部分入れ歯を安定させるこの方法は変形することもなく、安定した状態で装着することが可能です。
また、最近では装着した時に自分の歯と同様に違和感なく使用できるものもあります。
そのバネを用いたものの中にも、金属を使用したものプラスチック樹脂を使用したものがあります。
金属を使用する部分入れ歯の場合、冷たいものや温かいものを食べた時に感じ方が通常の口内と同じように感じることが可能です。
しかしながら、保険適用外になるので少し料金も高くなります。

あまり見た目の印象が変わらないとされているのが、かぶせるタイプの部分入れ歯になります。
この入れ歯では、残っている歯を利用して部分入れ歯を装着するので、その他の歯と同様に自然な印象を与えることが可能です。
ナイロン樹脂を用いた入れ歯もあります。この部分入れ歯は軽くて弾力があって薄いので、笑った時も入れ歯ということに気づきにくいです。
見た目が不自然だったり、入れ歯を装着しているということがすぐに分かったりするなどの悩みを持つ人でも、気兼ねなく使用することが可能です。
他にも磁気を用いたアタッチメント式のものがありますが、入れ歯の装着がしやすくなることを重点的に考えた部分入れ歯になります。
アタッチメント式のものに関しては磁気の力ものによって様々ですが、噛んだ時にずれることが無いように強めの磁気があるものを使用しています。