手入れ方法

部分入れ歯は正しく丁寧に手入れを続けることによって長いこと使用することが可能です。
基本的に、部分入れ歯を清掃するときはまず口の中から取り外します。
特に、小さい部分入れ歯の場合、歯ブラシなどを利用して磨く必要があります。
あまり強く磨き過ぎると傷がついてしまい、装着した時に傷跡に食べ物が残ってしまうことになりかねないので優しく取り扱うと良いでしょう。
また、市販でも部分入れ歯専用の洗浄剤が販売されているので、それらを一緒に利用して保存すると綺麗な状態を長く保つことが可能です。
他にも、しっかり汚れを落としてから保存するようにします。使用するときに口臭がでたり、自分の歯の虫歯原因になったりする事もあるのです。

手入れの際には洗浄剤を利用する事が多いのですが、入れ歯洗浄剤も正しく使うことが大切です。
部分入れ歯を歯ブラシなどで磨き終わったら、水やぬるま湯で溶かした洗浄剤の中に入れます。
この時、使用した部分入れ歯の汚れがひどいと感じたら長時間漬けておくのが良いでしょう。一晩ほどつけると、さらに汚れが綺麗に落ちます。
洗浄剤から取り出したら、流水で洗って仕上げます。
この時には再度歯ブラシなどを利用して、洗浄剤を洗い流すのも1つの方法です。
洗い流した時に落とさないように注意する必要があります。部分入れ歯は衝撃にはそこまで強くないので、できれば下に水を浸した容器を置いて洗い流すのが良いです。